シルデナフィルとは?

シルデナフィルとはED(勃起不全)、肺動脈性肺高血圧症に使用されているお薬のことです。

シルデナフィルは1990年代前半に、狭心症の治療薬として研究・開発されていましたが、臨床実験の最中に陰茎の勃起作用が認められ、ED治療薬としても使用されるようになりました。

シルデナフィルの働き

シルデナフィルは男性の陰茎の血管を弛緩させることで、陰茎により多くの血液を行きわたらせます。これにより、強く硬い勃起を引き起こすことが可能になります。

さらに、勃起の状態を萎えさせてしまう酵素であるPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)を阻害することで勃起をより長く維持することができるようにサポートします。

バイアグラの誕生

シルデナフィルに勃起作用があることがわかってからすぐの1998年、アメリカではシルデナフィルを有効成分とした治療薬がバイアグラという名称で販売され始めました。当時は勃起に効果のあるお薬は存在しなかったため、バイアグラは「夢の薬」「画期的新薬」として人々の注目を集めました。

そして、日本でもすぐに個人輸入代行者によってもたらされました。この影響を受け、医薬品の安全性のためすぐに日本でも正規販売するための手続きが進められました。その結果、わずか1年後である1999年に厚生労働省の認可を取得し正規販売されるようになりました。

2014年にバイアグラの特許が満了してからは、カマグラ、センフォースなどのジェネリック医薬品も多数販売されています。

シルデナフィルの副作用

シルデナフィルの副作用としては、頭痛、視覚障害、消化不良、ほてり、目の充血などが挙げられます。

その他、潜在的な副作用としては心臓発作、聴力異常、心室性不整脈なども挙げられるので、服用する際には用量、服用方法には十分気を付ける必要があります。

シルデナフィルの併用禁忌薬

シルデナフィルの併用禁忌薬には、硝酸薬があります。硝酸薬と併用すると血圧が急激に低下し、めまい、失神、心臓発作などを起こす恐れがあります。その他、アルファ遮断薬、C型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害剤、HIVプロテアーゼ阻害剤などが併用禁忌薬として挙げられます。

これらの併用禁忌薬は一部なので、服用しているお薬がある場合は、シルデナフィルを使用する前に一度医師に相談することを推奨しています。

Copyright © ED治療薬カマグラゴールドの気になる効果 All Rights Reserved.