カマグラを服用する際の注意点

カマグラの服用量

日本で流通しているカマグラはほとんどが100mgです。しかし、これは外国人の体格に合わせて製造されたもので、日本人には効果が強すぎてしまうことがあります。

そのため、100mgのカマグラを服用する際は、ピルカッターで半分、または4分の1のサイズに割って服用することを推奨しています。

まずは少なめの量から服用して、様子を見つつ量を調整するようにしましょう。

カマグラの副作用

カマグラを服用した後には、鼻づまり、ほてり、目の充血、めまい、頭痛などの副作用があらわれることがあります。通常副作用は2~3時間、もしくはカマグラの作用が切れる5時間でおさまることがほとんどです。

症状が長く続く場合や、重度の場合は医師に相談しましょう。また、勃起による痛みが続く場合も一度医師の診断を受けることを推奨します。

カマグラを服用してはいけない人

以下に該当する人は、シルデナフィルを有効成分としているカマグラを服用することができません。

・肝障害、または腎障害がある人

・出血性疾患がある人

・脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある人

・シルデナフィルに対してアレルギーの既往歴がある人

また、上記以外にも消化性潰瘍がある人や65歳以上の人は、服用前に一度医師に相談することを推奨しています。

カマグラの併用禁忌薬

カマグラの併用禁忌薬にはニトログリセリンなどの硝酸剤、不整脈のお薬であるアンカロン錠、アミオダロン塩酸塩錠などが挙げられます。

これらを誤って併用することにより症候性低血圧など、命に関わる危険な症状を発症することもあります。そのため、すでに服用しているお薬がある場合は事前に医師に相談するようにしましょう。

Copyright © ED治療薬カマグラゴールドの気になる効果 All Rights Reserved.